fc2ブログ
2024年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.08.26 (Thu)

ご感想お礼(08/26 10:12 )

こんばんは、春生です。
なんだか仕事が忙しくなりました。営業さんたちが夏休み明けだからか…。

本日もたくさんの皆さまのご訪問、そして拍手をありがとうございました。

この先ご感想へのお礼となっております。
お言葉を引用させて頂いておりますが、不都合な場合にはご一報くださいませ。

「絵師仮題 2章小鈴 14話」→こちらをお読みになってからご覧くださいませ。

【More・・・】

08/26 10:12
mimana様
葵さんと小鈴さん。人間は負の部分を知ってこそ値打ちが上がるもの、と思えました。
綺麗なままの女性を守るよりも傷を持つ人を包み込む方が懐の大きさを試されるかと。
でも用心棒さんの言うように小鈴さんのお守りをし続けるのは栄春さんより大変なことでしょうか?
小鈴さんが尽くす女になるのは一生叶わないようにも?(笑)
こうなったら信太郎さんは彼女のワガママを一生かわいいと思えるくらいの大きな男になって下さいね(爆)


いつもご感想をありがとうございます。
割と身近にも、なんでこんなにいい人がこんなワガママな人と付き合ってるんだろうと思うようなカップルが何組も居りまして、そんな方々の良い人側は、このワガママな人を自分が見捨てたらこの人はこの先どうにもならないような気がして、みたいな事を言っています。(夫もそんな事を言っていたような…)
小鈴と信太郎君はそんなカップルになるんでしょうかね…。

信太郎君は本当に苦労するだろうと思いますが(笑)まあ彼らの人生なので、はたから見てどうだろうと思うような関係でも、苦労しても一緒に居たいと思うなら、それで幸せになるのでしょう。
小鈴は、尽くすタイプにはならないでしょうね~。たぶん…。
この二人に関してはもう、信太郎君がんばれとしか言いようがありませんね。
小鈴はホントにわがままでお馬鹿で幼くて精神的にもふらふらで甘っちょろい駄目な子なんですが、その駄目っぷりが実に私自身の駄目なところに似ていて、書きにくかったです(笑)。

葵さんと栄春さんについては、最終話に少しだけお話が残っておりますので、ぜひまた次回もお読みくださいましたら幸いでございます。

いつもいつも、楽しいお言葉をありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。


関連記事

テーマ : 誰かへ伝える言葉 - ジャンル : 小説・文学

22:46  |  拍手お礼  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shunsoutei.blog106.fc2.com/tb.php/246-6ed73d67

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |