2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.03.14 (Tue)

思うこといろいろ

こんばんは、春緒です。
また一週間が始まりましたね。最近は袴姿の女子を見かけます。
ご卒業、おめでとうございます。そんな時期になりましたね。
社会人の皆様の多くは、年度末で慌ただしいころあいでしょう。春緒も同様です。
お互い、がんばりましょうね~(○´・Д・`)ノ

本日も、たくさんの皆様のご訪問、それから拍手をありがとうございます。
日々、遊びに来てくださる方のご好意が、生きる糧(おおげさ?)でございます。
皆様のおかげで、何とか気持ちを保っていられるというか、なんというか。
感謝の思いでいっぱいでございます。

皆様のまたのご訪問を心よりお待ち申し上げております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


この先は、わりと勝手なことを言いたい放題に申しておりますので、お心の広い方だけ、どうぞ……。

【More・・・】

去る2011/3/11。
忘れられない大震災の日でございました。

大勢の方が命を失い、今に至っても大勢の方が避難を余儀なくされていると聞き及びます。
六年前、ということは、お亡くなりになった方の七回忌となりますでしょうか。
日本に暮らす限り地震は避けようのない天災ではございますが、あまりにも大きな災害であったことは、今でも重く感じるところでございます。

私の生活圏では大きな被害はありませんでした。
大きな揺れがあった実家のほう(千葉県です)では、観音開きの食器棚から食器が飛び出して、大半が破損したと母が嘆いておりました。怪我はなかったようでした。
私自身は、地震当日は旅行中で、道路の破損、津波警報、沿線の火災などなどで、翌日に帰宅するのがとても大変だったなという記憶はあります。
高速道路や国道ではない道を延々と通りましたので、まったくトイレが、トイレがね……。コンビニもなくてね……。
ま、それはともかく。
その後の影響も、大きかったように感じますね。

電力共有の問題があって、電車が止まって出勤できなかったこともありました。
その後もダイヤが乱れて、毎日毎日、普段よりさらにきつきつに混雑した電車での通勤になったりもしました。
相当な混乱であり、日常とは少し違う日々であったように思います。
会社では大きなパーティションが倒れたりもしていて、当日現場に居たらさぞ怖かっただろうと思うところもあります。
それから、機能を失った東北の営業所の代わりの電話対応であったり、被災されたお客様との対応であったり。
いろいろありました。

当時は、春想亭のサイトでの活動も今よりがんばっておりました。
地震から一月ほど経った頃、東北にお住まいの読者様から、逆にエールを頂いて、PCの前で泣いたこともあります。
地震で折れてしまった桜の枝にも花が咲いた、というご報告をいただいて、何とも言えない色々な思いがたくさんこみ上げてきて、すごく泣きました。
その後、いかがお過ごしでしょうか。
あのとき、私などの創作が、気を紛らわせるためにほんの少し役立てていただけたのかなと、思いました。
使命感というか、そういう気持ちがわき上がって、がんばろう、がんばって良いんだ、と思いました。

六年経つと、少し俯瞰して思い出すものですね。
物理的な被害のなかった地域でしたから、私の身近な辺りの復旧は早かったと思います。
ライフラインには別状ありませんでしたし。
ほとんど被害のなかった地域に居る私の身近なところでも、上記のとおりそれなりの出来事がありました。

直接の被害に遭われた皆様には、どれほど激動の日々であったことかと思います。
胸が痛みます。
六年は短い日々ではありません。それなりに意味を持つ年月でもあります。
故郷へ、未だ帰れないまま避難を余儀なくされている方々もいらっしゃることと存じます。
しかしながら、避難した先で六年を過ごしたら、今度はその土地から離れがたく感じるのも人情かもしれません。
この年月を、様々の苦渋の選択の中でお過ごしであったことと存じます。
これからは、良い方へ、より良い方へと、事態が好転していくように、願っております。


最近になってようやく、震災による原発事故等で避難している児童生徒へのいじめが発覚しています。
六年間、どれほど辛く苦しかったことでしょう。

どうしてもっと早くに気付いて、改善することができなかったのか。
周囲への憤りを感じます。

加害者になった子には、無知を恥じて欲しいですね。
見過ごしにした生徒さん達もね。
加害者の親御さんも、まさか放射能が感染するとか、お子さんに言ってないですよねえ?
まさか……?

いじめというか、恐喝になりますかね。暴行もありましたっけ。
やったことは、犯罪だから。
先生方や親御さんがどんなにかばって隠蔽しても、恐喝や暴行は犯罪ですよ。
加害生徒さん達は、罪人です。

気に入らないとか、自分達という小さい集団と違うからとか、それだけで相手を排除するのは間違いだと思いますよ。
親から何を聞いたかとか、TVが何を言ったかとか、インターネットでの多数意見がどうだとか、関係ないです。
本人。
誰かをいじめたり排除したり、暴力を振るったり、恐喝をしたり、そうした罪を犯した当事者本人が悪いです。
いじめ加害を是認する理由は何もありません。


被害生徒さんには、一日も早く心の傷を癒やして欲しいと思います。
生きづらい思いを負って、人との関わりが苦しくなることもありますが、生き続けることはできます。
生きること自体が苦しくても、誰か、あなたに生きて欲しいと願う人のために生きてくださいね。
生きているだけで、あなたは誰かの喜びになります。
我がままを申しますと、ぜひ私の喜びになってくださったら嬉しいなあ、と願っております。

で、何が私の喜びかと申しますと……。
私の小説を読んで、「読んだよ」って言ってくださることですかねえ。
もしかして、面白かった、なんて思ってくださったら、もっと嬉しいです。
あ、でも、十八歳以上じゃないと、だめか~。
それじゃ、十八歳になったころにぜひ。

将来のご訪問、心よりお待ちしております。


私自身も、過去にいじめの被害者であったこともあります。
ゆえに、そういう出来事のニュースには敏感でございます。

最近はいじめ後遺症ということについても、TVで扱われたりしていましたね。
https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170206/1.html
未だに人間関係でのストレスが多いです。
他人と関わる事がとても苦手です。
いやですね。もう●十年も前なのに……。
(そこは伏せさせてくだされ)

とりとめもない文章で、失礼いたしました。
関連記事

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

00:38  |  よもやま話
 | HOME |