2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2016.06.17 (Fri)

6/17 春想亭開設記念日

こんばんは、春緒です。
タイトル通りですが、本日6/17にて、サイト開設7周年となります。

毎日、たくさんの皆様のご訪問、それから拍手をありがとうございます。
返信ご不要でのご感想も、ありがとうございます! 嬉しいです+゚。*(*´∀`*)*。゚+。

拍手、ご意見ご感想、全てが春緒の糧でございます。
皆様のご好意に生かされております。
全てに感謝でございます。

これからもまたのんびりゆったり、創作を楽しんで生きようと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【More・・・】


あまりマメとは言えない更新頻度ながら、気長にお見守り下さる皆様のおかげで、続けております。
たまに痛いお言葉を頂くこともありつつ、大半はとても優しいお声かけを頂いています。
ありがとうございます。

以前にも何度か申したかと思いますが、「ありがとう」と言えることはとても嬉しいことでございます。
嬉しい気持ちにさせて頂いたときに湧き上がるのが、感謝の気持ちでです。
ありがとう、と言えるときは、言えるだけ、嬉しい気持ちになっているからなのですよ。
嬉しい気持ちって良いですよね。
とても、幸せでございます。

人見知りで、人付き合いがとても苦手です。マイペースすぎるのかな……?
そのせいかどうか解りませんが、子供の頃はいじめに遭ったこともあります。
仲良くしていたつもりだったのに、次の日はなぜか、誰に声をかけても返事が無い状況も経験しております。
背後で笑っているのに振り返ったら誰も目を合わせてくれないようなことも、よくありました。
大勢に打たれたり蹴っ飛ばされたりしたこともありますし、机をぶつけられたこともあります。
まあ、小学生の頃のことですが。
あれはね、痛いんですよ。
身体より、心が。

友達、という存在を作るのが怖いですよね。
今は仲良くしていても、ホントは私なんか不愉快でしょう?
どうせ後ろで笑うんでしょう? 明日は無視に変わるんでしょう?
今でも、誰としゃべっていても、常にそんな疑いがあります。
そんな情けない不信感があるせいか、友達は少なめです。
不信感を抱いた人間に、心を開く人は居ませんよね。
まあ、つまり、人付き合いは苦手なんです。
友達とずっと長電話をしていた、とか? 滅多にないですねぇ(*´~`*)。

不信感が拭えないせいか、誰かと私的なことを長くしゃべるのは苦痛なのですよ。
仕事ならなんとかなるんですが。

誰かとお出かけすることも、飲みに行ったりお茶をしたり、そういうことも少ないですね。
普通に誰かと素敵な関わりを築くことに憧れます。
だけど叶ったことがありません。
叶ったようになりながら、いつの間にか消えてしまいます。

だから、多分、たくさんの読書ができたのだと思います。
だから、私は小説を書くんだと思います。
誰かと一緒に過ごす時間が私には少ないから、一人、創作に励む時間が確保できるのですよ。

まあ、そんな人間が、世間の片隅でひっそり創作に励んでおります。
サイトを開くまでは、誰にも見せたことのなかった小説でございます。
ふと気付いたら、たくさんの皆様にご覧頂いて、優しいお言葉まで頂戴しておりました(〃▽〃)。
本当に嬉しかったですね。
やっぱり誰かに認めてもらいたかったんだろうな、と思いました。

そうやって、7年続けてきました。

創作した物を、見て頂けるだけで嬉しかったのに、だんだんと欲張りになっております。
こんな私なんぞのためにお時間を割いて頂くのですから、時間を無駄にしたと思われないように、なりたいなと考えました。
読んで、お楽しみ頂けたら、私も幸せだな、と思うようになりました。

まだまだ精進が足りていません。

もっともっと、たくさん、お楽しみ頂けるような物を創作できるように、願っております。
そんな決意表明。

毎年、同じような決意をしているぞ……?
ま、いいか!

ご訪問下さる皆様、どうぞ今後とも、気長にお見守り下さいませ。
末永く、よろしくお願いいたします(* ´ ▽ ` *)。


蛇足ながら。
人見知りで人付き合いは苦手ですが、誰かと出会って会話をする経験が素晴しい事は、重々承知しておりますよ!
今も、苦手を克服すべく、日々努力しているところです!
私のいじましい不信感をすっ飛ばして一緒に居てくれる人も、少ないですが、居ます。
なので、あまりご心配なさらず……。

同じように人見知りな皆様、何となくがんばりましょう。
ね、何となく……ヽ( ´_`)丿。
関連記事

テーマ : 誰かへ伝える言葉 - ジャンル : 小説・文学

00:06  |  小さな幸せ
 | HOME |