2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2015.02.21 (Sat)

ご感想をありがとうございます

こんばんは、春緒です。
忙しいとか、時間が無いとか……。言い訳をするのは無能者の証拠です。
恥ずかしいので、最も避けたい言葉だと思います。

でも、本当にそんなときもあるんですよ(泣)。
このところすっかり残業続きですが、多分、再来月ぐらいになったら、楽になるはずなのです。会社は。
(その代わり、職が危うくなりますが!)
とりあえず、今月中には、家の確定申告のもろもろを始末したい気持ち。
すっかりご無沙汰になってしまっておりますが、再来月ぐらいからはもっとマメに出没したいと思っております。

どうぞ皆様、春緒のことも、お忘れなきよう!!!
切に、願い上げ奉りそう~~~~ろう~~ぅ!

あ、歌舞伎って実は一回しか見たことがありません。でも人間国宝の方の舞台でした。素敵でした。
関係ありませんね。ハイ。

皆様のまたのご訪問を、心よりお待ち申し上げております。
よろしくお願いいたします。


この先、ご感想へのお礼となっております。ありがとうございます。
嬉しくって嬉しくって、本当に感謝しております。
お礼が遅くなりまして、大変申し訳ありません。

お言葉を引用させて頂いておりますが、不都合な場合にはご一報くださいますようお願いいたします。

【More・・・】

02/15 17:21 RF様

「樹下の守人」お読み下さってありがとうございます。
この姫様だったら、こんなこと言うだろうなぁ、と思って出てきたセリフになります。
殺し文句、だなんて。お褒めにあずかり光栄でございます。
「奇縁無双」のなかで、自分としては、この場面こうだったらもっと好きなんだけど、というようなおこがましい考えからできあがった作品になります。悪く言うと半分パクリでもありますので、何ともこれwebに出して良かったのかどうか……。
悩ましい作品ではありました。
でも、元の「奇縁無双」をご存じの方にもお読み頂けて嬉しいです!

「日照雨」もご購入頂いたのですね! ありがとうございます。
私も、ページを繰りながら物語を読むのが大好きです。
昔の日本、ことに着物に関する言葉が、何とも好きなんです。袂とか部位を表す言葉を使うことで、動作がわかってくる感じもあって、便利だなあと思ったりしております。
敬語は、何となくの感じで使っておりますが、違和感なくお読み頂けておりましたら、幸いでございます。

繰り返しお読み頂けるなんて、筆者冥利に尽きます。
日本語、できる限り、誤りの無いように綴って参りたいと存じます。
お褒めにあずかり光栄でございます。これからも精進いたしますね!!
元気出ました!

嬉しいお言葉をたくさんありがとうございました。

またのご訪問を、心よりお待ちしております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

02/15 17:21 RF様
 円寿姫は「奇縁無双」の万姫よりずっと可愛いく、いじらしいですね。「負けてしまったら辿りつけないから。そなたに、、」なんて言われたら男は即死ものですぜ。こんな殺し文句が胸にうかぶ作者はどんなひとなのでしょうねえ。
 年の瀬、単行本「日照雨」が届きました。頁を繰りながら読む物語は、ひと味違います。藍、芥子色の木綿、単衣、洗い張り、袷、などいまは耳にしなくなった言葉がたくさん。
 敬語、丁寧語、謙譲語がきちんと使い分けられているので、身分の上下、長幼 に紛れがありませんね。
 日本語が美しいから繰り返しよんで飽きません。ご健筆を祈ります。  
関連記事

テーマ : 誰かへ伝える言葉 - ジャンル : 小説・文学

22:42  |  拍手お礼
 | HOME |