2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.08.23 (Sat)

文学フリマ申し込んじゃった……

こんばんは、春緒です。
ちょっとこれから外出しますので、本日の更新はお休みいたします。
また次に更新しましたら、こちらのブログでお知らせしますので、よろしくお願いいたします。

先日悩んでいた、文学フリマ、結局申し込んでしまいました。
新作は出せないだろうから、webに出している物の再録となります。
多分、日照雨か、目隠しか……。
どっちも本編だけになりそうですけどね。

一応、申し込みましたが、期限があったから申し込んだだけという感じです。
いろいろ試算した上で、無理だなと判断したら、キャンセルすることにします。
っていうか今からこれからの予定を考えたら、これ、間違いなくキャンセルする気がする……。

「第十九回文学フリマ」
2014年11月24日(月祝)11:00~17:00
東京流通センター 第二展示場
東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
一般の方は入場無料です!

自分一人ですので、こっそり行きます。
近郊の方で、春緒の実物を見てみよーと思う方がいらっしゃいましたら、こっそり覗きに来て下さい。

小さくて丸い生き物です。
(ただし、かわいくはない)

【More・・・】

最近は文庫や新書サイズで同人誌も作れるようですね。
でも、長いし、そんなに多く印刷する気もありませんし、単価高くなりそうですよ(笑)。
1冊あたり1000円くらいになるかもしれません。

一次創作小説=最も売れないジャンル

とよく言われますね。
書き手は多いんだけど、読み手は少ないのです。
ちまたには書籍になっている多くの小説があります。
世間を騒がせた名作でさえ、古書店に行ったら108円で買えてしまう現状。
素人の書いた物を、わざわざ買って読みたいのか?
しかも高いぞ?

……ま、たいていは否ですよね。
うーん……。
やっぱり参加辞めようかな……。

文学フリマにはまだ行ったことがないです。
写真や、参加した方のレポートなどを見せて頂くくらいです。

昔、コミケには出ていたのですが。
マンガとか描いてましたし、歴史ジャンルでちょっとした年表とか、旅行記とか、出していました。

当時の記憶とか、文学フリマのレポートとか読む限り、やっぱり一次創作の小説は難しいような気がします。
取材に基づいた実録物、旅行記であるとか、グルメレポートとか、鉄道などの研究であるとか。
江戸時代の○○の研究とか。
そういうのが売れるのかなぁと思います。

一次創作小説で、いきなり単価が高い物とかは、たいてい見向きもされないというか。
何となく手に取れる感じの、300円くらいの物なら、まだ売れるかもしれない?
そんな印象です。
でも今からその長さの小説を書き下ろすのは……、無理だなぁ……。

あと、webで出していた物の再録では、同人誌にするから、という理由でwebから削除するのが当然、と言う意見と、紙の書籍型にするだけだから、WEBから削除する必要はない、という意見があるようです。
私は、残す派かな……。

そうなると、やっぱりwebで無料で読める物を、わざわざ有料で! と言うことになってしまうわけですが。
でもな~。
webという媒体のひろーーーい出会の場を失うのも、怖いんですよね。
でもwebで読めるんだったら有料で買ってくれた人に申し訳がないじゃないか!
とも、思ってしまいます。
うーん。やっぱ悩む~~。
もちろん、利益なんて考えてないです。印刷代にイベント参加費を上乗せするくらいかな?
それでもね、1冊当たり1000円は確実に超えそうですけど!!

とはいえ申込期限が明日までだったんで、申し込みだけはしました。

まあ、紙の形で残したいな~と思うよーなところで、そんな気持ちで、こっそり作るだけ作ってみようかしら。
30冊くらいなら、まあ一ヶ月のおこづかいの範囲で作れそうですしね。

どんな装丁にしようかな^^。
ってなことを考えるのも楽しいですね。

新書か、文庫か、B6判くらいが良いな、と思っております。

ご意見があったらお聞かせ下さいませ。
よろしくお願いいたします。

関連記事

テーマ : 物書きのひとりごと - ジャンル : 小説・文学

18:11  |  お知らせ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。