2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.05.20 (Tue)

ありがたい友人

こんばんは、春緒です。
今日は仕事中に栄養ドリンクを飲んだので、妙に元気です。
どんだけ肉体疲労だったのか、虚弱体質だったのか。

本日も、たくさんの皆様のご訪問、それから拍手をありがとうございました。
お読み頂けていることが、とても幸せでございます。
更新の間が空いていることが、自分でも寂しくてたまりません。

実は連載としてUPしている長編の他にも、並行して色々と創作しているわけです。
でき次第、ぼちぼちと公開したいなと思ったりしております。
R18だったり、そうでもなかったり。ジャンル分けが難しかったり。
どういう公開方法にしたら良いのか。
リスペクトする作品へのオマージュのつもりが、これあの作品そのまんまやんけ、というのもありつつ。
せっかく創ったし、好きだし、できればUPしたいんだけどなぁ……。
そんな作品達の扱いについて、ちょっと悩んでおります。
何かしらUPしたあかつきには、ご覧頂けましたら嬉しいです。

ただ、連載のものが中途半端であるのに、また別の作品? 
というところが、我ながらちょっと考え物だなとは、思うのですが……。
考えついたものを、どうしても記さずにいられない欲求があるので、お許し下さいませ。

皆様のまたのご訪問を、心よりお待ちしております。
お読み頂けることが何よりの励みです。
感謝しております!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【More・・・】

はてさて。

友人のこと。
畏友、とでも言うべきでしょうか。

二次創作の同人誌などしていたときには、小説を書いていることは仲間内の誰にも言いませんでした。
サイトを始めて一年くらいは黙っておりました。
時機をはかって、友人達にもカミングアウトというか、今はこんな感じで創作活動をしているよと話をしたわけです。
そんなこんなで同人誌のイベントなどにももうすっかり足が遠のいてしまい、かつての仲間達とも随分会わなくなってしまいました。
機会があれば、いつでも会いたい気持ちはあるのですが……。

そんな中、今でもとっても応援してくれている友人が居ます。
漫画家さんで、そのほかイラストのお仕事やらで、とても多忙にしている友です。
試作の文章について、説明不足はないか、変な言い回しはないか、そんなことを確認してもらいたく、友人達にだけ限定公開をして読んでもらったりしております。
何人かに公開しているのですが、実際に読んでくれてるのは、一人なのかなぁと思います。
そんな、ありがたい友人がいます。

友人は、このあたりはこんな感じの方が良いと思う、などのアドバイスをくれます。
読みやすいよ、とか、面白いよ、とか、嬉しいことを言って、背中を押してくれます。
本当にありがたい存在です。

春緒は、メンタルがあまり強いほうではありません。
このところ、ちょっとへこむ件がいろいろありまして、黙ってると泣き出しそうな気分で過ごしておりました。

先日、外出の帰りに、友人とちょっとだけお茶をしました。
忙しいのに、わざわざ出てきてくれて、しょーもない話しを笑って聞いてくれました。
その上、
「春緒さんの作品好きだよ-、この間読んだあの話、すごく好きなんだ-」
と、言ってくれまして。
何より嬉しい励ましですよ……。ホント、嬉しかった!
そんな感じで、いっぱい元気にしてもらっちゃいました。

いつもしょーもない話しを聞いてくれて、励ましてくれるんです。
へこたれそうなときにも応援してくれるんですね。
とても穏やかで、心優しい人です。

友人自身も、いろんなチャレンジをして、時には挫折をして。
そんな経験があるから、きっと、今このときに必要な言葉を、わかってくれるんだろうなあと思いました。

いつも気持ちをもらってばかりです。
たくさん感謝しているんですよ。あんまり、言えてないなあ、と思うんですが。
今度、また会えたときには、ありがとうをちゃんと言わなきゃ。
照れくさいけど。

たくさん励ましてもらった分、私も友人の力になりたいです。
本当の弱音を吐かない人だけど、苦しいことないかな。
私に受け止める器はないかもしれないけど、もし聞かせてくれるなら、聞いて、私からも元気を少し上げられたら良いな。
なんだかいつもいつも、もらってばかりなんだもの、ね……。

創作の世界でずっと活動している、畏友です。
ありがたい友人です。

お陰様で、また元気をもらってます。

私も、友人に元気を分けてあげられるような存在になりたいな。
具体的にはどうしたら良いのか、よくわからないのが情けないことなんですけど。
関連記事

テーマ : 誰かへ伝える言葉 - ジャンル : 小説・文学

22:04  |  拍手お礼  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shunsoutei.blog106.fc2.com/tb.php/2070-6c280077

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |