2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.02.01 (Sat)

あれれ…… (*^o^*)

こんばんは、春緒です。

皆様にいただいた温かいお言葉を読み返すことが、何より幸せな時間でございます。
見ず知らずの、インターネットの向こう側に居る特定の人間に話しかけることに、とっても勇気が必要と思う方も大勢いらっしゃることと存じます。それはそうですよね。どんな人なのかなんて解らないですし、投げかけた言葉に対する反応も、怖いと思うのですよ。
お寄せいただいた数々のお言葉は、全て、皆様が勇気を出してくださったからと思います。
その勇気のおかげで、こちらがわで、じんわりと喜びに浸りつつ、またがんばろうと大きな励みを頂いているのでございます。
ご好意をありがとうございます。
おかげさまで、とても幸せでございます。


この先、ご感想へのお礼となっております。
お言葉を引用させて頂いておりますが、不都合な場合にはご一報くださいますようお願いいたします。


【More・・・】

01/26 14:54 むうみんまま様

目隠し番外編の完結まで、長々とお見守りくださってありがとうございました。

途中、壱蔵がどうなるかという辺り、ご心配をおかけいたしました。
実は、迷いもありました。
千代尋君も魅力的になるように作りましたし、何度か作中でも言っておりましたが、年齢のバランスも良かったですし、条件としては最高の相手だったのではないかと考える部分もありましたので……。

とはいえ、ああいった事で「イヤ(・ω・。)」となっちゃった女の子の気持ちを上手いこと導くには、やっぱり年の功っていうのが必要かと考えまして、こんな結論となりました。
しかし本当に、長いお話になりましたね。
どこか、私自身がずーっと自分に対して、二人の気持ちについて納得できるような説明が必要で、言葉を尽くし続けたような、そんな感じのお話しとなりました。
さらなる番外編は、どうでしょうね(*^ー゚)
結婚もまだでしたし、子どもも、老後も、気になると言えば気になるような……。

日照雨の頃からずーっとお付き合い下さっているとのこと、嬉しいです。
ありがとうございます!! 

またこれからも、飽きずにお楽しみいただけるようなお話しを創れるように、精進いたします(≧∀≦)。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ご感想、いつもすごく嬉しいです。
ありがとうございました!!



01/26 14:54 むうみんまま様
ずっと、ずっっと、毎週の楽しみにして、読んできました。完結、ありがとうございます~。 途中の、市蔵が、けがしたあたりが、一番の山場でした。(私にとって) もしかして、アンハッピーエンド?もしかして、あの若造とくっつくの?と、すごくやきもきしながら、一週間を待って読んでいました…。二人が幸せになってとてもうれしいです。あきつが、あのことをのりこえられたのは、市蔵と、あきつがしっかりと向き合ったからかな…と思います。長い話だなあ~と思っていましたが、二人のためには、やはり、これだけの長編になったのも、うなづけるかな~。また、番外編も、楽しみにしています。(新婚話とか、二人の子供とか、老後とか…。) 日照雨のあたりから、ずっと愛読しています。これからも、いろんな物語を楽しみにしています。忙しくなくなったら、ぜひ、お願いします。
関連記事

テーマ : 誰かへ伝える言葉 - ジャンル : 小説・文学

19:38  |  拍手お礼  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shunsoutei.blog106.fc2.com/tb.php/2016-cf7714d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |