2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013.08.18 (Sun)

『イシノマキにいた時間』を見ました。

こんばんは、春緒です。

本日も、たくさんの皆様のご訪問、それから拍手をありがとうございます!
とにかくご覧頂けることが一番の喜びですヾ(´▽`*)ゝ"

さてさて。
本日は話題が違います。

先週ですが、仙台公演を見た東北在住の友人からのおすすめで、舞台を見に行ってきました。

『イシノマキにいた時間』
http://www.ishinomakitime.com/

被災地イシノマキに、ボランティアとして赴いた人たちのお話です。
実際に現地を目の当たりにしたら、きっと同じ事を叫んだのだろうなと……。
そんなシーンでは、思わず涙が。
女優さんも出ませんし、イケメン……?でしたし(失礼)、派手な展開のお話ではないと思います。
感情をわーーっと表すような激情的なシーンもあるわけではないです。

でも、じーんとしました。
ずしっと、響きました。
でも全体的には、けっこう笑わせていただいていました。
不謹慎な笑いだとは思わないで下さいね。
どんな状況の時にも、笑う事って有るんですよ。
そう思う感じです。

東日本大震災をこういう視点で捉えるのも、なるほどなー、という感じ。
うん、うん。
そうだねえ……。
そうだったんだねえ……。
なんて、胸をぎゅっと押さえるような、そんな気持ちになりました。

8/9から東京公演があり、初日の後の口コミで、どっとチケットが売れたと。
わかるわかるー。私も、誰かに伝えたくなりましたもの。
お芝居もとてもよかったのですが、前後のトークそのほか、たくさん楽しませて頂きました。

ゲストの吉俣良さんのピアノ演奏にも、もうホロリ。
偶然だとは思うのですが、春緒の大好きな曲を弾いて下さって、感動……。

演奏に使われたピアノにも、いわれがあってですね……。
お芝居が終わった後にもしばらくホールにいさせてくれたので、間近でピアノも見せて頂きましたよ。
その存在感だけで、胸が詰まりました。

いやー、よかったです。
勧めてくれた友人には本当に感謝。
母と叔母と一緒だったのですが、母がスゴイ勢いでアンケートを書いていましたね。
ボランティアとか寄付とか、春緒より母のほうがずっとずっと熱心なので、思うところはいっぱい有ったようでした。


名古屋公演もあるそうです。

■ 2013年12月6日(金)
【会場】名古屋市東文化小劇場(地下鉄名城線「ナゴヤドーム前矢田」徒歩5分)

詳細は、公式サイトでご確認下さいませ。
http://www.ishinomakitime.com/ 

お近くの方にはぜひぜひ、と思っております。


ホールで、現在の石巻の写真が展示されていましたが、今もって、何もないような気がしました。
十年くらい前に訪れたことのある土地でしたが、ああ……、と思うほど、あったはずのところにまだ何もないような印象でした。
復興って、どこまでを復興というかは、私には解りません。
昔の姿そのままになることをそう言うなら、今の状況はどのあたりなんでしょうね。

そんなこんなで、胸がいっぱいになる舞台観賞でした。
関連記事

テーマ : 演劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

00:15  |  よもやま話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shunsoutei.blog106.fc2.com/tb.php/1892-445877c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |