2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.29 (Sat)

サイトTOP拍手お礼画面限定「絵師春秋」短編

こんにちは、春緒です。

春想亭サイトTOP(PC・スマホ)の拍手お礼画面限定で、短編をUPしました。

「絵師春秋」の、読み切り短編です。

葵さん栄春さんの、冬のことども。


サイトはR18となっております。
大人の皆様のみ、歓迎いたします。

よろしくお願いいたします。


★拍手お礼画面の短編の一部を、下記に載せました。

【More・・・】

 火鉢の上の鉄瓶が湯気を噴く。

 栄春が葵の手を取った。細い指が、どこか腫れぼったい。しもやけだろうか。
「栄さん……?」
 葵の右の手を栄春が口元に運んだ。柔らかく唇で触れる。中指の爪の端を舐めて、痛いか、と小さな声で言う。
「痛くはないけど」
「血の味がした」
「そう? ささくれでもできたかしら?」

 栄春の大きな手が、葵の手を包んで、さする。
「栄さんの手、温かいね」
「葵の手が冷てえんだ」
「手が冷たいのは、気持ちが温かいからだって、おかみさんが言ってたわ」
「ああ、そうかもな」
「だからって栄さんの気持ちが冷たいなんて、思ってないけど」
 葵の耳元を、栄春が噴き出した笑い声がくすぐる。

「水、辛いときは、代わってやるから言えよ」
「そんなのいい。私、栄さんが辛いときに絵を描いてあげられないもの」
 栄春の胸の中で葵の肢体が弾む。笑っている。




……こんな感じの、日常のささやかな幸せのお話になっております。
関連記事

テーマ : 更新報告・お知らせ - ジャンル : 小説・文学

22:26  |  更新情報  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shunsoutei.blog106.fc2.com/tb.php/1736-ec06a1b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。